農地・生産緑地・山林

農地・生産緑地・山林の評価

ここでは、農地・生産緑地・山林についての特別な評価方法についてお伝えしております。
これらの財産の評価は、相続税発生の際の納税金額に大きな影響を与えるだけでなく、遺産分割の方法にも工夫が必要になるものです
税理士などの専門家のアドバイスによる評価額の算出をお勧めいたします。

農地・生産緑地の評価

農地には、純農地・中間農地・市街地農地・市街地周辺農地があり、それぞれ評価方法が異なります。
また、貸し付けられている農地によって評価方法が異なります。
生産力地は、勝ち取りのタイミングと価額により評価額が異なります。
それぞれ解説しておりますので、ご参考ください。

山林の評価

山林の評価は、以下の5つの種類によって異なる評価がなされます。
1)純山林
2)中間山林(市街地付近又は別荘地帯にある山林)
3)市街地山林(宅地のうちに介在する山林)
4)広大な市街地山林
5)保安林等の評価
また、特定計画山林についての相続税の課税価格の計算についての特例と小規模宅地との併用についても解説しておりますので、合わせてご覧ください。

果樹等及び立竹木の評価

果樹は、1)幼齢樹と2)成熟樹によって評価額が異なっております。
立竹木の評価は、樹齢・樹種の別に国税局長が定める「標準価額」を基として評価します。
詳しくはこちらをご覧ください。

相続税の計算についての詳細はこちらをご覧ください

土地の評価(宅地・その他) 株式の評価
建物の評価 棚卸資産等の評価
小規模宅地の特例 公社債・債務の評価
広大地評価 預貯金の評価
農地・生産緑地・山林 生命保険・退職金の評価
雑種地の評価 ゴルフ・電話・営業券等の評価
使用形態による評価方法(貸地・借地などによる) 葬儀に関する支出入について
動産の評価 信託について

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る