動産の評価

動産とは、土地や建物などの不動産を除いた財産の事を指します。
具体的には、テレビやパソコン、自動車などがこれにあたります。
基本的に実売価格などを参考にして評価しますが、例外的な評価もあります。
以下に一般動産と書が骨董品の評価について記載しておりますので、ご参考ください。

一般動産の評価

一般動産とは、事業の経営者が所有し、事業用に使用する機械及び装置、器具、備品、車両運搬具や一般家庭用の家具、什器、衣料、非事業用の車両運搬具等をいいます。

一般動産の価額は、原則として1個又は1組ごとに評価します
○原則・・・売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価します。
○例外・・・新品小売価額-経過年数に応ずる償却費の額(償却方法は定率法によります。)

書画骨董品の評価

1)販売業者が有するもの(例:外商)

(販売価額)-(適正利潤の額)-(予定経費の額)-(納付すべき消費税の額)

2)販売業者以外の者が有するもの(例:骨董屋)

売買実例価額、精通者意見価格等を参酌した評価額

相続税の計算についての詳細はこちらをご覧ください

土地の評価(宅地・その他) 株式の評価
建物の評価 棚卸資産等の評価
小規模宅地の特例 公社債・債務の評価
広大地評価 預貯金の評価
農地・生産緑地・山林 生命保険・退職金の評価
雑種地の評価 ゴルフ・電話・営業券等の評価
使用形態による評価方法(貸地・借地などによる) 葬儀に関する支出入について
動産の評価 信託について

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る