公社債・債務の評価

公社債とは、国や地方公共団体、民間企業などが発行する国債・地方債・社債などを合わせた債券の総称です。
公社債の評価においては、相続開始日時点で、仮に解約し現金化した場合、いくらぐらいの価値があるのか、というのが相続税評価額の目安となります。

債務とは、いわゆるマイナスの財産のことです。
相続税の課税価格の計算上控除される債務は、被相続人に係る債務で相続開始の際、現に存するものでなければなりません。

それぞれの評価の方法に当たっては、以下に詳細を記載しておりますのでご参考ください。

公社債等の評価

それぞれ以下のとおりに区分され、それぞれに定める方法により評価します。
1)公社債
2)貸付信託受益証券
3)証券投資信託受益証券
4)不動産投資信託証券

債務の評価

債務の相続の場合のポイントと債務に該当する財産について、詳しくお伝えしております。

相続税の計算についての詳細はこちらをご覧ください

土地の評価(宅地・その他) 株式の評価
建物の評価 棚卸資産等の評価
小規模宅地の特例 公社債・債務の評価
広大地評価 預貯金の評価
農地・生産緑地・山林 生命保険・退職金の評価
雑種地の評価 ゴルフ・電話・営業券等の評価
使用形態による評価方法(貸地・借地などによる) 葬儀に関する支出入について
動産の評価 信託について

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る