相続税申告事例

ここでは、当事務所にご依頼いただいた方の相続税申告事例をご紹介させていただきます。
順次掲載していきますので、ご参考ください。

>隠し通せずにバレてしまう相続財産の3事例

>将来の加算税や延滞税がかからないように税理士に依頼する相続事例

>非上場株式の売却を通じて相続税を節税した事例

>障害者控除を活用し相続税を節税した事例

>資産を持つ方の相続税節税事例

>社長の個人のお金が会社の貸付金として残ってしまった場合の相続

>2次相続・3次相続に備え、配偶者の相続財産を少なくすることで2,950万円の減額に成功した事例

>障害者控除を適用して1,093万円の減額に成功した事例

>配偶者控除と生前贈与・保険・学資資金・贈与を組み合わせ3,781万円の減額に成功した事例

>上場会社職員の相続税申告で二次相続を含めて275万円の減額に成功した事例

>会社代表役員の相続税申告で二次相続を含めて1,089万円の減額に成功した事例

>不動産賃貸経営者の相続税申告で二次相続を含めて1,026万円の減額に成功した事例

>不動産オーナーの相続税申告で二次相続を含めて75万円の減額に成功した事例

>会社役員の相続税申告で125万円の減額に成功した事例

>公務員の相続税申告で75万円の減額に成功した事例

>会社役員の相続税申告で二次相続を含めて1,450万円の減額に成功した事例

>会社役員の相続税申告で名義預金等の申告漏れの防止に成功した事例

公務員、上場会社退職者、勤務医の相続の特徴

相続財産の構成は、ほとんどが預貯金や生命保険や株式です。
また、財産を相続人ごとに分けて管理している方が多い傾向があります。

税理士との関係が少ないことで、税金の問題を抱えていることに気付かないことがよくあるようです。
相続が発生して初めて、この財産も課税されるの?と課税されることに驚き、こんなに課税されるの?と税額にも驚き、驚きの連続が多く見受けられます。

そもそも、毎年の所得税・住民税が高額になっていることにすら気づいていない方もいるでしょう。
上記の方々の事前に課税されることを知っていれば、節税はいくらでもできます

今回は、相続税の課税について説明します。
相続税は、亡くなった方の財産合計が基礎控除額を超えたときに、その超えた部分に10%~55%の税率で課税されます。

相続税の改正

基礎控除額は、現在の税率では、1,000万円×法定相続人の数+5,000万円です。
相続人1人の場合、1,000万円×1人+5,000万円=6,000万円です。
6,000万円と聞くと、ん?と思われるかもしれません。

それが2015年からは、600万円×法定相続人の数+3,000万円です。
相続人1人の場合、600万円×1人+3,000万円=3,600万円です。

3,600万円となると、持ち家をお持ちだったり、株をお持ちの方などではすぐに対象となります。
課税されそうな気がしますよね?

相続税が課税されるとき、どうするか?今やれることは?

ずばり、生前贈与です。
財産構成のほとんどが預貯金や生命保険の場合、生前贈与が一番、低コストな節税対策です。
生前贈与のリスクと注意点についても、ご相談頂いた皆様にはご提案させて頂いております。

※ご近所に公務員、上場会社退職者、勤務医の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてあげてください。

解決事例の最新記事

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る