会社代表役員の相続税申告

職業別相続税対策

会社代表役員の方の相続事例

相続人と控除額

・構成:3名(配偶者、子供2名)
・基礎控除額:8,000万円

 

税理士による相続税減額の内容

次回の相続までを見据え、相続税を最大限に節税できる方法を考えると、納税額には大きな差が出てきます。
目の前の相続だけを考えていると、今回の相続のように1,500万円以上も納税額に差が出てしまうことがあります!
相続税の申告は税理士にご相談ください。

相続税申告のポイント

節税優先で、配偶者の生活に影響を及ぼすのは、本末転倒です。
配偶者の今後の収入と生活費を考慮したところ、どうしても、収益物件である不動産を相続しなければ生活費を捻出できません
他の相続人の仕送りも今までの状況から見込めません。
そこで、1回目の相続税を覚悟の上で、収益物件の不動産を相続することにしました。
不良財産は、生前に整理するべきであり、今回は、整理しきれない状態で相続が発生したため、配偶者の税額軽減を活用して、不良財産を配偶者に相続していただき次の相続では税金がかからないように整理しています。
もちろん、不良財産は現金化できる部分は積極的に現金化する必要があります。

相続税申告のご相談は、無料相談で税理士にご相談ください!

相続税申告事例

ここでは、当事務所にご依頼いただいた方の相続税申告事例をご紹介させていただきます。
順次掲載していきますので、ご参考ください。

相続相談のご予約、お問い合わせはこちら

解決事例の最新記事

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る