会社代表役員の相続税申告

職業別相続税対策

会社代表役員の方の相続事例

相続人と控除額

・構成:3名(配偶者、子供2名)
・基礎控除額:8,000万円

税理士による相続税減額の内容

事前に引き出した現金と相続人名義を借用した預金と保険契約があることが判明しました。
もし、このまま申告書を提出していたら、重加算税という割り増しの税金を納税していた可能性が高いです。
相続税の申告は税理士にご相談ください。

相続税申告のポイント

もし、このまま申告書を提出していれば、重加算税という割り増しの納税を求められる可能性があります

もし、重加算税等が加算されていたとすれば、税額は400万位になることが想定されます。
今回ご依頼いただいたことで、結果的に60万円の税金を納税しなくて済んだことになります。

また、当事務所が申告書を提出するときは、書面添付制度を利用しています。

そうすることで、不明点があれば当事務所に問い合わせが来ることになり、場合によっては税務調査が省略されることがあります

税理士に申告書を依頼することで、税務調査へのストレスも軽減できるわけです。

相続税申告のご相談は、無料相談で税理士にご相談ください!

相続税申告事例

ここでは、当事務所にご依頼いただいた方の相続税申告事例をご紹介させていただきます。
順次掲載していきますので、ご参考ください。

相続相談のご予約、お問い合わせはこちら

解決事例の最新記事

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る