資産を持つ方の相続税節税事例

親子で医師をされており、将来の相続財産が多額になる可能性が高い方の相続税節税事例です。

相続時の状況

亡くなられたお父さんが医者をされていたため、多額の財産を持っておりました。
また、相続人となるお子さんも医者であるため、今後、相続が発生する度に相続財産が増えて税金がかかってしまうことが考えられる状態で相談を頂きました

そのため、今回の相続を1次相続として、お母さんが亡くなった時が2次相続、お子さんが亡くなる時が3次相続として、3回先の相続を考えて財産の配分を考えました

今回の相続のポイント

今の相続で節税することだけを考えれば配偶者が配偶者控除ぎりぎりの16,000万円相続することがベストです。

それによる節税効果は2,672万円になります。

しかし、次の相続を考えると、配偶者のもともとの財産に16,000万円が上乗せになるため、相続税は最低でも4,000万円増税されます

そのため、今回は相続税を納付し、2次相続で節税することを考えるのが長期視点でベストであるということになります。

最終的に今回の相続では、配偶者に4,000万円だけ相続していただきました

母の財産は、子供に相続することになります。

そうすると、子供の財産は、今回の父からの相続される財産+母からの相続される財産+子供自身の財産の合計になり、さらに相続税が増えます

そこで、母には、
①遺言書にて孫に財産を相続させる
②子供の妻を養子縁組する
③子供が自分の子供に生前贈与を行う
④学資資金の贈与を行う
⑤生命保険に加入する

などの対策を提案して、2次相続と3次相続の対策を同時に行うことで、3,000万円程の相続税の節税を行いました。 

2次相続、3次相続の節税効果(概算)

遺言書を作成し孫に相続させることによる節税効果1,800万円

学資資金の贈与による節税効果750万円

生命保険の加入による節税効果 母:100万円 子供:300万円

生前贈与 100万円につき30万円

相続税申告事例

ここでは、当事務所にご依頼いただいた方の相続税申告事例をご紹介させていただきます。
順次掲載していきますので、ご参考ください。

相続相談のご予約、お問い合わせはこちら

解決事例の最新記事

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る