相続人が考えていた財産より大幅に減額できた事例

相続財産の内容と相続税額

相続人が計算した相続税額

不動産:4億(2億の不動産が2件)
預貯金:1億

相続税:9,700万円

当事務所が計算した相続税

不動産:1億4,000万円
預貯金 1億

相続人:5人

相続税:2,600万円

小規模宅地:6,000万円

相談の概要

相続財産の合計は、時価で計算をおこなうため、依頼者も実勢価格(時価)で相続財産の算定を行いました。
そのように計算をおこなうと、相続税が9,700万円となってしまうため、どうにか節税することはできないか?
このまま納税をしてしまうと他の相続人に、分配する財産が無くなってしまうのではないか?
そのように考えて、依頼をいただきました。

対応内容と結果

当事務所にて、財産調査と財産評価を行い相続税法の定めに従って、路線価により評価したところ2億円の評価減になりました。
また、小規模宅地の特例も活用できたため、6,000万円の課税標準額を減額することもできました。
よって、相続人が考えていた価格より2.6億の減額した財産合計になり、結果、相続税額は相続人が考えていた額よりも7,100円低い、2,600万円となりました。

相続税の納税資金が預貯金の範囲内に納まったことによって、相続人が自己資金を手出しすることなく、残った預貯金を相続人に分配することで相続を終えることができました。

相続税申告事例

ここでは、当事務所にご依頼いただいた方の相続税申告事例をご紹介させていただきます。
順次掲載していきますので、ご参考ください。

相続相談のご予約、お問い合わせはこちら

解決事例の最新記事

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る