遺言書

遺言書について

一般的な遺言書の活用は大きく以下の3つになります。

1)遺産分割の方式を指定したい・・・どのように分けるのか決めておきたい
2)相続人の指定をしたい・・・誰に相続財産を渡したい、渡したくない
3)事業承継を円滑にしたい・・・遺産分割によって会社の財産がバラバラにならないように、事業継続の方針を決めたい

これに加えて、ご本人の方の遺志、想いを相続人の方に遺せるということができます。

遺言書は、法律によって書き方が決められておりますので、まずはしっかりとそのルールを把握して記述する必要があります。
近年では不完全な遺言を遺してしまったがゆえに、紛争がおきてしまうことも少なくありません。
法律を理解せずに書いたものが残ってしまうと、こうした事態を引き起こしてしまうことも少なくありません。

また、遺言書を書く人は、相続人が誰であるのか?自分の財産がどの程度あるのか?をきちんと把握して、整理しておくことも重要です。
自身の財産を把握しないまま遺言書だけ作ってしまうと、遺族間で不公平な財産分与となってしまったり、伝えておくべき財産を記載しなかったことで不利益を与えてしまうこともあるのです。
以上を踏まえ、正しい遺言書を作成するための流れとしては、

1)現時点での相続人を調査する
2)現時点での相続財産とその評価額を調査する
3)相続税の発生も加味した遺言書を作成する
4)遺言書を正しく保管する

という流れになります。

当事務所では無料の相談会を実施しております。
遺言書のついて詳しく知りたい方は、まずは無料相談にお越しいただければと思います。


相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る