相続コラム

贈与と相続は、何が違うの?どちらがお得?

「110万円までは、税金がかからないから、
今のうちに子供に父と母から其々110万円あげたわ。」

「ちょっと待ってください。
それは、課税されますよ。

意外と多い事例です。
完全に贈与税について勘違いしています。

まずは、贈与と相続の違いを知る必要があります。

贈与と相続の違い

亡くなる前に財産を渡すことを贈与と言います。
亡くなった後に財産を渡すことを相続と言います。

亡くなる前か後で贈与と相続が区別されるわけですね。

贈与を行うと贈与税が課税されます。

110万円までは非課税です。
110万円を超えると超えた部分に贈与税が課税されます。

受け取った人が1月1日から12月31日までに合計で、
いくら受け取ったのかで課税・非課税の判定を行います。

今回の事例は、子供が父と母から110万円貰っています。
合計すると220万円貰っていることになります。

非課税の110万円を超えていますので、課税されます。

思いがけないところで、課税されると不満ですよね。
まわりの意見に振り回されず、しっかりとした知識をもって贈与したいものですね。

相続の仕方と相続税について①

相続が発生しました。

相続税法が改正されて、相続税が課税される。
でも、「配偶者がすべて相続すれば課税されないって。」
では、「すべて配偶者が相続すればいいよね?」

安易な判断は、危険です。


税金は、優遇されることがあるれば、逆にどこかで課税
されるようになっています。
上手く考えられていますね。

配偶者がすべての財産を相続するということは、次の相続税を増税させることになります。

配偶者がもともと持っている財産に亡くなった人の財産が加算され、さらに、相続人の数が減ることにより基礎控除(相続税の非課税部分)が減ります。

財産は増加する。基礎控除(非課税部分)が減る。
二重の効果により、相続税が増額します。

しかし、夫婦ともに築いた財産を相続税の節税のために、配偶者に相続されず、配偶者の財産が目減りしたり、生活に影響が出たりするのもどうか?と考えます。

節税を考慮した相続と配偶者の今後の生活を考慮した相続とどちらが幸せでしょうか?
それぞれの家庭環境によって、判断は異なるでしょう。

専門家に相談しながら、税金だけでなく、その家族の生活も考慮した相続をしましょう。

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る