相続税ってどんな税金?

相続税とは・・・
相続税とは、被相続人(死亡した人)の死亡により、被相続人の親族等(相続人)が相続で取得する財産に対して課税される税金です。
遺言書によって譲りうけた財産についても相続税が課税されます。 ※贈与税の場合もあります。
相続税には、様々な控除がありますが、基本的には下記の基礎控除が一般的です。
※下記は2011年、4月以降の税制改正によって変更となる可能性があります。
* 基礎控除 = 5000万円 + 相続人の人数 × 1000万円
相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日(通常は、亡くなった日)の翌日から起算して10ヶ月以内に、亡くなった方の死亡時における住所地を管轄する税務署に対しておこなう必要があります。
申告の期限までに申告しなかった場合には、本来の税金以外に加算税・延滞税が掛かってしまいますので、専門家である税理士に相談して、期限内に税務署に申告を行うことが必要です。
通常、相続税申告には、相続手続きで2~3ヶ月前後、さらに財産の調査・評価で申告までに2~3ヶ月は最低でも見ておいた方が良いでしょう。
10ヶ月過ぎてしまうと、相続税の控除に関する優遇措置を受けることが出来なくなってしまいますので、既に半年ちかく時間が経っている方などは、当事務所など実績あるプロに依頼されなくては不利益を被ってしまう可能性があります。ご注意ください。

相続税についての詳細はこちらをごらんください

相続税ってどんな税金

相続税と贈与税


相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る