解決事例

相続人が考えていた財産より大幅に減額できた事例

相続財産の内容と相続税額 相続人が計算した相続税額 不動産:4億(2億の不動産が2件) 預貯金:1億 相続税:9,700万円 当事務所が計算した相続税 不動産:1億4,000万円 預貯金 1億 相続人:5人 相続税:2,600万円 小規模宅地:6,000万円 相談の概要 相続財産の合計は、時価で計算をおこなうため、依頼者も実勢価格(時価)で相続財産の算定を行いました。 そ
続きを読む >>

隠し通せずにバレてしまう相続財産の3事例

かならずバレル事例 3つ ・死亡前10年以内の引き出し ・生前贈与として贈与したつもりが、名義預金として贈与が無効に。 ・自分で払っていない保険   死亡前10年以内の引き出し 相続税申告では、過去10年分の銀行預金の入出金履歴を調査します。 この調査により、生前贈与やタンス預金、他人の名義を借用した預金、 保険契約のその他の財産の有無の予測の端緒とします。 説明:相続税の申告を正
続きを読む >>

将来の加算税や延滞税がかからないように税理士に依頼する相続事例

相続の概要 相続人は、配偶者と2名の子供 計3名。 被相続人の財産は、不動産1,000万円、預貯金5,000万円の合計6000万円 母にも財産があり、相続税が心配で相談したい。 母は専業主婦だったが、どうしてこのくらいの財産があるのか、母に聞いても良くわからない。1億くらいの預金がある。父は長年準公務員でした。アルツハイマーを患っており、財産の管理は母が行っている。母も物忘れが多いのか?財
続きを読む >>

社長の個人のお金が会社の貸付金として残ってしまった場合の相続

会社を経営されていた方が、会社のお金と自身のお金の区別がされたいない状態で亡くなられ、相続時にご相談いただいた事例です。 相談時の状況 経営者である今回の被相続人は会社の経営のため、会社に約4,000万円の貸付を行っていました。 この貸付金4,000万円は、債権として相続財産に加算されてしまいますが、会社の状態を確認したところ、この金額を回収することは不可能であることがわかりました。 回
続きを読む >>

資産を持つ方の相続税節税事例

親子で医師をされており、将来の相続財産が多額になる可能性が高い方の相続税節税事例です。 相続時の状況 亡くなられたお父さんが医者をされていたため、多額の財産を持っておりました。 また、相続人となるお子さんも医者であるため、今後、相続が発生する度に相続財産が増えて税金がかかってしまうことが考えられる状態で相談を頂きました。 そのため、今回の相続を1次相続として、お母さんが亡くなった時が2次
続きを読む >>

障害者控除を活用し相続税を節税した事例

ご家族中に障害者の方がいる場合に相続税を節税できた事例です。 相続財産 不動産 1,000万円 預貯金 13,000万円 財産合計 14,000万円 節税効果 配偶者の税額軽減  393万円 障害者控除     700万円 相談時の状況 現金だけで1億円以上持った状態で亡くなり、葬儀社の方に相続税申告がかかりそうであることを聞いてご相談をいただきました。 今回の相続人のご家族の
続きを読む >>

非上場株式の売却を通じて相続税を節税した事例

中小企業の役員をされていた方が亡くなり、勤めていた会社の株式の売却の仕方を工夫して相続税を節税した事例です。 相続財産 不動産 1,800万円 株式  12,000万円 → この財産の処理がポイントになりました 預貯金 13,000万円 その他 3,200万円 合計  30,000万円 相続相談時の状況 中小企業の役員を退職し、退職時に会社の株をそのまま持って退職されました。
続きを読む >>

配偶者が相続する財産を少なくした相続税申告

2次相続・3次相続に備え、配偶者が相続する財産を少なくすることで2,950万円の減額に成功した事例 当案件の節税効果 実際の節税効果   ●遺言書を作成し孫に相続  → 1,800万円の節税効果!   ●学資資金の贈与 → 750万円の節税効果!    ●生命保険の加入 → 母:100万円 子供:300万円の節税効果!   ●生前贈与の実施 → 100万円につき30万円の節税効果
続きを読む >>

障害者控除を適用した相続税申告

障害者控除を適用して1,093万円の減額に成功した事例 当案件の節税効果 実際の節税効果   ●配偶者の税額軽減 → 393万円の節税効果!   ●障害者控除  → 700万円の節税効果!       合計 : 1,093万円の節税に成功!     相続税申告時の状況について 財産状況   ●不動産    1,000万円   ●預貯金   13,000万円       合計
続きを読む >>

配偶者控除と生前贈与・保険・学資資金と贈与を組み合わせた相続税申告

配偶者控除と生前贈与・保険・学資資金・贈与を組み合わせで3,781万円の減額に成功した事例 当案件の節税効果 実際の節税効果   ●通常の相続税 5,080万円     ●配偶者の税額軽減などによる節税 3,289万円 → 節税効果 1,791万円!   ●配偶者が株式を売却することにより特例を活用     特例活用前 3,700万円 → 特例活用後 1,710万円 → 節税効果 1
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る