解決事例

資産を持つ方の相続税節税事例

親子で医師をされており、将来の相続財産が多額になる可能性が高い方の相続税節税事例です。 相続時の状況 亡くなられたお父さんが医者をされていたため、多額の財産を持っておりました。 また、相続人となるお子さんも医者であるため、今後、相続が発生する度に相続財産が増えて税金がかかってしまうことが考えられる状態で相談を頂きました。 そのため、今回の相続を1次相続として、お母さんが亡くなった時が2次
続きを読む >>

障害者控除を活用し相続税を節税した事例

ご家族中に障害者の方がいる場合に相続税を節税できた事例です。 相続財産 不動産 1,000万円 預貯金 13,000万円 財産合計 14,000万円 節税効果 配偶者の税額軽減  393万円 障害者控除     700万円 相談時の状況 現金だけで1億円以上持った状態で亡くなり、葬儀社の方に相続税申告がかかりそうであることを聞いてご相談をいただきました。 今回の相続人のご家族の
続きを読む >>

非上場株式の売却を通じて相続税を節税した事例

中小企業の役員をされていた方が亡くなり、勤めていた会社の株式の売却の仕方を工夫して相続税を節税した事例です。 相続財産 不動産 1,800万円 株式  12,000万円 → この財産の処理がポイントになりました 預貯金 13,000万円 その他 3,200万円 合計  30,000万円 相続相談時の状況 中小企業の役員を退職し、退職時に会社の株をそのまま持って退職されました。
続きを読む >>

会社代表役員の相続税申告

職業別相続税対策 会社代表役員の方の相続事例 相続人と控除額 ・構成:3名(配偶者、子供2名) ・基礎控除額:8,000万円 税理士による相続税減額の内容 事前に引き出した現金と相続人名義を借用した預金と保険契約があることが判明しました。 もし、このまま申告書を提出していたら、重加算税という割り増しの税金を納税していた可能性が高いです。 相続税の申告は税理士にご相談く
続きを読む >>

配偶者が相続する財産を少なくした相続税申告

2次相続・3次相続に備え、配偶者が相続する財産を少なくすることで2,950万円の減額に成功した事例 当案件の節税効果 実際の節税効果   ●遺言書を作成し孫に相続  → 1,800万円の節税効果!   ●学資資金の贈与 → 750万円の節税効果!    ●生命保険の加入 → 母:100万円 子供:300万円の節税効果!   ●生前贈与の実施 → 100万円につき30万円の節税効果
続きを読む >>

障害者控除を適用した相続税申告

障害者控除を適用して1,093万円の減額に成功した事例 当案件の節税効果 実際の節税効果   ●配偶者の税額軽減 → 393万円の節税効果!   ●障害者控除  → 700万円の節税効果!       合計 : 1,093万円の節税に成功!     相続税申告時の状況について 財産状況   ●不動産    1,000万円   ●預貯金   13,000万円       合計
続きを読む >>

配偶者控除と生前贈与・保険・学資資金と贈与を組み合わせた相続税申告

配偶者控除と生前贈与・保険・学資資金・贈与を組み合わせで3,781万円の減額に成功した事例 当案件の節税効果 実際の節税効果   ●通常の相続税 5,080万円     ●配偶者の税額軽減などによる節税 3,289万円 → 節税効果 1,791万円!   ●配偶者が株式を売却することにより特例を活用     特例活用前 3,700万円 → 特例活用後 1,710万円 → 節税効果 1
続きを読む >>

会社役員の相続税申告

職業別相続税対策 会社役員の方の相続税申告事例 相続の概要 会社役員の相続税申告事例です。在職中にお亡くなりになりました。 相続人は、配偶者と1名のお子さんの計2名。基礎控除は7,000万円です。 相続財産のほとんどが預貯金であり、節税対策は一見すると無いような案件です。 ご依頼いただくことにより、一次相続は当初より多く税金が発生しましたが、二次相続までを考慮すると1,450万円
続きを読む >>

公務員の相続税申告

職業別相続税対策 公務員の方の相続税申告事例 相続の概要 仙台市内の役所で勤務されていた方の相続税申告事例です。 相続人は、配偶者とお子さん2名の計3名。基礎控除は8,000万円でした。 相続財産は主に現在のお住まいと生命保険がメインでしたが、預金が5,000万円以上あるケースの相続税申告となりました。 現金がメインの相続だったため大幅な減額は難しかったのですが、少しでも相続税額
続きを読む >>

会社員の相続税申告

職業別相続税対策 会社役員の相続事例 相続の概要 仙台市内にお住まいの会社役員の方の相続税申告事例です。 相続人は、配偶者と3名のお子さんの計4名。基礎控除は9,000万円ありました。 在職中にお亡くなりでしたので、死亡退職金、生命保険金が下りており、相続財産が高額となっていたため、税理士に相続税申告をご依頼されました。 基礎控除及び退職金控除、生命保険控除以外に小規模宅地の特例
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る