解決事例

会社代表役員の相続税申告

職業別相続税対策 会社代表役員の方の相続事例 相続人と控除額 ・構成:3名(配偶者、子供2名) ・基礎控除額:8,000万円 税理士による相続税減額の内容 事前に引き出した現金と相続人名義を借用した預金と保険契約があることが判明しました。 もし、このまま申告書を提出していたら、重加算税という割り増しの税金を納税していた可能性が高いです。 相続税の申告は税理士にご相談く
続きを読む >>

会社役員の相続税申告

職業別相続税対策 会社役員の方の相続税申告事例 相続の概要 会社役員の相続税申告事例です。在職中にお亡くなりになりました。 相続人は、配偶者と1名のお子さんの計2名。基礎控除は7,000万円です。 相続財産のほとんどが預貯金であり、節税対策は一見すると無いような案件です。 ご依頼いただくことにより、一次相続は当初より多く税金が発生しましたが、二次相続までを考慮すると1,450万円
続きを読む >>

公務員の相続税申告

職業別相続税対策 公務員の方の相続税申告事例 相続の概要 仙台市内の役所で勤務されていた方の相続税申告事例です。 相続人は、配偶者とお子さん2名の計3名。基礎控除は8,000万円でした。 相続財産は主に現在のお住まいと生命保険がメインでしたが、預金が5,000万円以上あるケースの相続税申告となりました。 現金がメインの相続だったため大幅な減額は難しかったのですが、少しでも相続税額
続きを読む >>

会社員の相続税申告

職業別相続税対策 会社役員の相続事例 相続の概要 仙台市内にお住まいの会社役員の方の相続税申告事例です。 相続人は、配偶者と3名のお子さんの計4名。基礎控除は9,000万円ありました。 在職中にお亡くなりでしたので、死亡退職金、生命保険金が下りており、相続財産が高額となっていたため、税理士に相続税申告をご依頼されました。 基礎控除及び退職金控除、生命保険控除以外に小規模宅地の特例
続きを読む >>

不動産オーナーの相続税申告

職業別相続税対策 不動産オーナー様の相続 相続の概要 仙台市内に不動産を持つオーナー様の相続の事例です。 相続人は二人のお子さんのみで、基礎控除は7,000万円。 税理士が相続税申告を代行することで、小規模宅地の特例を使って相続税を減額することができ、相続税を160万円減額できた事例です。 相続人と控除額 ・構成:2名(子供2名) ・控除額:7,000万円 ・生命保険金の
続きを読む >>

不動産貸付業の相続税申告

職業別相続税対策 不動産貸付業のオーナー様の相続 相続の概要 仙台市太白区に不動産5件(自宅、マンション、畑)を持つオーナー様の相続の事例です。 今回の相続人は4名。配偶者とお子さんが3名という構成ですので、基礎控除は9,000万円でした。 土地の評価が高かったため、税理士が相続税申告を代行し、「広大地」による評価減と小規模宅地の特例を使った評価減により、実に2,000万円近く相続税の納
続きを読む >>

会社代表役員の相続税申告

職業別相続税対策 会社代表役員の方の相続事例 相続人と控除額 ・構成:3名(配偶者、子供2名) ・基礎控除額:8,000万円   税理士による相続税減額の内容 次回の相続までを見据え、相続税を最大限に節税できる方法を考えると、納税額には大きな差が出てきます。 目の前の相続だけを考えていると、今回の相続のように1,500万円以上も納税額に差が出てしまうことがあります
続きを読む >>

上場企業職員の相続税申告

職業別相続税対策 上場会社職員の方の相続事例 相続人と控除額 ・構成:3名(配偶者、子供2名) ※子供1人が障害者 ・基礎控除額:8,000万円 税理士による相続税減額の内容 自分で行った場合、一次相続の税額は変わりありません。 しかし、税理士に依頼することで、二次相続は申告不要にできました。 税理士に依頼することで、二次相続の相続税申告の手間を省くことがで
続きを読む >>

相続税申告事例

ここでは、当事務所にご依頼いただいた方の相続税申告事例をご紹介させていただきます。 順次掲載していきますので、ご参考ください。 >隠し通せずにバレてしまう相続財産の3事例 >将来の加算税や延滞税がかからないように税理士に依頼する相続事例 >非上場株式の売却を通じて相続税を節税した事例 >障害者控除を活用し相続税を節税した事例 >資産を持つ方の相続税節税事例 >社長の個人のお金が会
続きを読む >>

次の記事を見る >>
相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る