【仙台市宮城野区】申告期限が2ヶ月後に迫っているケース

状況

相談者の立場

 相続人

 

被相続人

 父

 

相続者以外の相続人

 配偶者(仙台)、長女(仙台)、次男(仙台)

 

相続財産

 財産額:9,000万円

 不動産・土地:2,000万円

 預貯金:5,600万円

 保険:1,000万円

 

相談内容

(1) 申告期限が2ヵ月後に迫っている
(2) 相続手続きを司法書士にお願いしている
(3) 預貯金の解約は司法書士に依頼している
(4) 姉が申告に反対している。(税理士に行くのは反対)

 

解決内容

(1) 成年後見がついている相続人がいる場合もスムーズに受注

相続専門の税理士法人だからこそ、成年被後見人がいる場合もご対応可能です。

(成年被後見人とは、後見開始の審判を受けた者のことをいいます)

下記の点にご注意ください。

 

相続税申告の提出義務者

相続人が成年被後見人である場合、相続税の申告に際しては、成年後見人が法定代理人として相続税の申告を行うことになります。

 

相続の開始があったことを知った日の起算日

相続人が成年被後見人である場合、選任された成年被後見人が相続の開始があったことを知った日が、相続の開始があったことを知った日として相続税では取り扱います。

相続開始時点では、まだ法定代理としての成年後見人が選任されていない場合には、法定代理人が選任され、その選任された法定代理人が「相続開始があったことを知った日」が起算日となります。

 

相続人に成年後見がいらっしゃる方にも、迅速に対応いたしますので、安心してお任せいただけます。

 

(2) 相続人の3名のうち2名が申告することも可能です

一部の相続人の申告のみをご依頼いただくことも可能です。

 

(3) 司法書士との連携も可能

弊社では、相続に精通する司法書士が提携先にございます。

ご自身で、探すことなく、安心してお任せいただけるような先生をご紹介いたします。

 

解決事例の最新記事

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る