【仙台市青葉区】自分で申告書を作成しようしていたケース

状況

相談者の立場

 相続人

 

被相続人

 父(85)

 

相談者以外の相続人

 配偶者、長男(養子・長女婿)、長女、次女

 

相続財産

 財産額:10,000万円

 不動産・土地:3,000万円

 預貯金:7,000万円

 保険:300万円

   贈与:900万円

 

相談内容

(1) 自分で申告しようと税務署に何度も相談しています

 

解決内容

ご自身では評価できない不動産(急傾斜地崩壊対策事業用地)があった

相続された土地が、がけ地や、地面が傾斜している土地は、土地・不動産の評価を下げることができ、相続税を節税できる可能性がございます!

その他、下記のような土地は、評価を下げることができる可能性がございます。

 

建物の建築・建替えが難しそうな土地
都市計画道路い土や区画整理の予定がある土地
道路との間に水路を挟んでいる土地
道路と地面の間に高低差がある土地
路線価が付されていない道に面した土地
突き当たり道路に面した土地
土地の中に赤道(里道)や水路が通っている土地
庭内神祀(社や地蔵尊など)がある土地
騒音・悪臭・土壌汚染・険悪施設により活用が難しい土地
前と後ろで容積率が変わる土地
空中に高圧電線が通っている土地

 当センターは、これらの土地の評価に、精通しております。

是非一度、ご相談きてくださいね。

 

相続税額を下げるために、地図、写真でわからない場所には、現場調査いたします

地図や、写真でわからない場所には、相続専門スタッフが現場調査を実施いたします。

ご相談者様に、ご納得いただける、不動産の評価をご提案いたします。

解決事例の最新記事

相続税申告 丸ごと代行サービス
相続税申告の無料相談受付中! 0120-957-339
ページ上部へ戻る